つりスタンド


NH-ST1A

希望小売価格 12,000円(2台1組) (税・送料別)

 

 

素材に音の良いむく材使用。透明ニス塗装。木目がきれいです。

(スピーカは別売)


NH-ST1A-W(白) / NH-ST1A-B(黒)

希望小売価格 10,000円(2台1組) (税・送料別)

デザインはNH-ST1Aと同じ。素材は合板使用。塗装は白、または黒が選べます。(スピーカは別売)


NH-ST1B

希望小売価格 10,000円(2台1組) (税・送料別)

つり下げるアームは黒塗装鉄製。台は手作り陶器製。オプションのスタビライザが付属しており、お好みによって低音の響きを微妙にコントロールできます。(スピーカは別売)

 

 

ユーザレポート

スタビライザを早速試してみました。2月10日のNHラボセミナー会場でも良さがはっきりと感じられましたが、やはり自宅システムで改めて聴くとこれは必須かと。
 
まず解像度が増して楽器のひとつひとつがよりクリアで見通しが良くなりました。
ですので元々スムースな音の流れといいますか音が良くほぐれていたまごスピーカーですが一層スムースになるといった印象です。
それとともに鳴りっぷりが大きくなりたまごが大きくなっ たかのような感触に驚きました。
サブウーハーとの繋がりが大変良い状態となってスケールが雄大です。
また音の深みも大いに増してきたようで生の音に近づいている方向と感じます。
素晴らしい!!!
スタビライザーが卵形になったらかわいいかな、ウズラくらいで(笑)。
2017年2月11日
千葉県八街市 須崎様(ブログ~雪まるだ)

 

               須崎様宅でのスタビライザ実験風景


つりスタンドにいたるまで

スピーカだけでなく、マイクロホン設計やホールの音響設計の経験豊富な中島代表が、「ホールの天つりマイクと同じようにスピーカを空中に浮かせることができたら、置き場所の影響を受けずに質の高い再生音が得られるに違いない」と自宅でスピーカをつるす実験を行いました。

結果は予想通り、中低域がクリアですっきりした音が得られました。たまごスピーカの得意なボーカル再生はより自然に、楽器の音の粒立ちもはっきりしました。

天井からスピーカをつり下げることができる方はぜひお試しください。

 

しかし、ご家庭によっては天井からつるすことが難しいことがあります。

そこで、ご家庭で簡単に吊り下げ効果を楽しめる方法として最初のつり下げスタンドを考案しました。たまごスピーカを皮や木綿・絹などの編みひもでスタンドにつるすことで、置いた台の影響を少なくすることができました。

  標準的な置き方      スタンドにつり下げる

当然置き方によらずスピーカの振動は同じですが、、、

標準的に直接置いた場合にくらべ、吊スタンドを使った場合は机に伝わっている振動が中低域で大幅に減少しています。

この結果に基づき、たまごスピーカを空中に簡単につるすことができるつりスタンドを商品化しました。それがNHーST1AとNH-ST1Bです。

 

もしろんたまごスピーカに付属している標準のスタンドで最終的な音質調整をしていますので、この状態でたまごスピーカの良さを十分味わっていただけます。

一方、つりスタンドは置き場所の影響を受けにくく、よりピュアなサウンドを楽しむことができます。

お好みで使い分けることをお薦めします。